«

»

11月 27 2018

ブログを再開しようかな

山中湖村の温泉施設からのんびりしているトムです。

知っている方は知っていると思うけど、日本に来たばかりの頃から「外国人選手の意見」というシリーズ記事を書いていた。当時は、カタコトの日本語で自国フランスから飛び込んできた僕から見ての日本を語っていた。誤解を招くような表現がないか常に心配で、試験の勉強よりも厳しく、何時間かをかけて細かく書いていたけど、それでも今になって読み返してみると、どれだけダメだったのかが良く分かってくる。なんて情けない。

日本語を良く褒められるけど、自分はダメな部分しか見当たらない。なぜなら、とても足りていないから。自分に厳しいというか、言語、ということは文化、の壁にぶつかってばかりいるのが私の日常だから。

とはいっても、少しずつだけど確実に、成長してきている日々の事実も否めない。ということで、別の形で、ブログを再開しようかな、と思うようになった今日この頃。

実は、ブログを書いているのは日本に来てからではない。自転車を始めてから、10年前から始めたことだ。当時も、ぎこちない子供の文書ではあったけど、かなり好評を受けていて、業界ではそれで良く知られていた。日本に来るまで、そして日本に来てからも、書き続けていた。

但し、私の人生は少しずつ、フランスから日本へと滑り落ちていった。周りの人に私の文書が届かなくなって、そんな事実から諦めていた。

逆でもあるように、私にとって、当たり前のことがこの文書を目にしている日本人のあなたにとっては、当たり前ではなかったりする。それが文化の差。私はたぬきのように、毎朝起きて、日本人に化けて、仕事に行ってくる。そうだ、私はたぬきなんだ。日本社会の中で居場所をきっちり守っているけど、家に帰るときは、フランス人に戻る。このような感覚、かな。

私は日本にいることを自ら決めたから、責任を持って、適応できるように頑張る日々を送っている。「外国人だから」と言い訳をして甘えるんじゃなくてね。

だから、自分の頭の中には、何が本当に起きているかを、たまには人にも知ってほしい。少しでもいいから。私の言葉も中途半端で、読んでいるあなたの常識もきっと少しズレているから、全てそのまま簡単には伝わらない。だけど、だいたいでいいから。

ということで、時間を作って、これからはたまに書いていこう!仕事に追われて自分のやりたいことができていない私のためにも絶対なるから。そして、応援してくれる方のためにもなってほしい。何よりも、恩返しをサボっている自分が嫌になるから。一人だけでは何もできない!夢のある人は、周りの人に助けてもらわないと、絶対に叶わない。それぐらい遠い夢でないと、夢とはいわないからね。

以上、空っぽの文書でした。これから内容を入れてみるからよろしくね!それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>