«

»

10月 29 2017

JPT 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ 群馬大会 DNF

昨日は、2017年Jプロツアー最後戦が群馬のCSC特定コースで開催された。ということは、今のところ、オフシーズンが始まっている!半分ぐらいは本気で乗っていなかったこともあって、あっという間 に終わったシーズンだった。

しかし、ポイントレイティングがAAAAだったということもあって、後半戦の中で最も狙っていたのは群馬大会だった。個人的にはポイント数は別に関係ないが、7位に入っていた東京ヴェントスには、6位に上がる可能性もあって、9位まで落ちる可能性もある。そして、前回の輪島ロードレースでピュアホワイトジャージを譲った大前君には、取り戻すチャンスもまだ考えられる。色々な面で、最後の順位を決めるとても重要な大会。

仕事の都合で、4月の2連戦には参加できなかったが、去年の大会にはあの頃の調子で参加したことがあるので、コースの特性は分かっている、自分の経験で、同じコースで同じカテゴリーが走るとしても、10月はレベルの差が激しくて、4月のレースと同じ展開には絶対期待できないと確信して積極的に走ることにする。

集団の後方でスタートしたので、序盤はコースの特性を身に付けて、様子を見ながら3周目からアタックに加えようという作戦で挑む。スタートからペースが速いので、無理やり上がろうとせず、上がりやすい区間だけ(ゴール辺り)で上がることに。2周目に入るところには、30位前後で位置をとる。下りで集団が再び伸びて、先頭が見えなくなるが、下りが終わったところでいきなり止まる。7人ほどが先行していることを確認。この中には、東京ヴェントスの選手の姿がないように見えるので、スペースが空く瞬間にアタック。誰も付いてこない、容認される。すぐに先頭と合流。

gunma

Sato (c) Cyclowired

先頭集団には全ての有力チームが入っている。インタープロは元チームメイトの悠人君、ブリッツェンは岡、ブラーゼンは柴田、シマノは湊、マトリックスは佐野、キナンは中西、イナーメも一人乗っている。しかし、キナンの中西が全く回ってくれない。最初は、タイム差を広げるために遠慮せずに踏むが、タイム差がすぐ1分を超えてくるので、回りながら足をためる作戦に。

スタートから、一回も全力で行く必要なく、タイム差が徐々に広がっていく。しかも、4周目辺りに、いきなり3分50秒に。イナーメの選手が「ほんま?ほんま?」とバイクの人に確認を求めるが、ほんまのようだ。こんな良い調子で、こんなおいしい展開になって、今日はうまいことをやれば、負けられない…

しかし、まだ15周ぐらい残ってるから、まだしばらく我慢して…と自分を説得する。力の余裕をまだ見せなくてもいいし、うちはクラブチームだから、プロチームを引っ張る必要もないから、たまにキナンの選手の後ろに隠れて、脚を溜める。

22829020_810259329154786_3034315221396971746_o

(c) Okamoto

安定したペースで進んでいるし、後ろに追走集団ができている情報が入ってきて、そこにチームメイトが乗っている岡選手がローテーションに入らなくから、タイム差が少し詰まる。その結果、ペースがかなり緩んだため、結局ブリッツェンの阿部と奈良の安原がブリッジに成功する。そのタイミングで、下りの途中で、岡選手のウインドブレーカーが背中から落ちてきてディレーラーに突っ込む。「終わってるね、かわいそうだな…」と思いながらロテーションに戻る。

そして45キロ地点で大きいトラブルが発生する。ゴールラインを通過するタイミングで、後輪がいきなり回らなくなって滑りながら転びそうになる。自転車を降りてみたら、ディレーラーが後輪に突っ込んでいた…信じられない。自転車を振り回しながらシマノのニュートラルカーを呼ぶがなぜかゴールのところで停まっている…やっと向かってくれる。まさか無視されながら通過する?と一瞬思ったが周りの人の声のお陰で数メトル先のところで停まってくれて車を降りる。壊れた自転車が目の前にあるのに「なんですか」と言われて、何も反応がない。結局自転車を下してくれず車に戻ってそのまま置いていかれる。

どういうことかよ…

それで私の最後のレースが終わる。

仕方ないことなのでトラブルがなければどこまで行けた?かは分からないし、「たら~えば」の世界になるけど、久しぶりに勝てる自信があった。本当に。

ニューカレドニアは落車の影響で良いリザルトを獲得できなかったが、別に海外を目指しているわけではない私にとって、別に大したことではなかった。しかし、海外で磨いてきた調子をメカトラのせいで本番で生かすこともできずに終わるというのは、本当に悔しい…その前メカトラに遭った岡選手はちゃんと対応してもらったのに、何故私は無視されたかも分からない。しかも、変速してトラブルが起きたのではなかったし、別にインナーローで走っていたわけでもないので、今でも原因不明のまま…

でも、終わったことだから仕方ないし、結局チームは奇跡的にギリギリ6位に上がることもできたから、気持ちが何とか落ち着いた。

さて、これからはトム選手からトム監督に切り替えて、来年のチーム造り、そして色々なプロジェクトに集中していきます!これからも宜しくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>